本文へスキップ

TEL. 03-6214-2529

株式会社フォトンラボ 

過去のTOPICS 

弊社の旧紹介ビデオ    ---社名は旧社名(フォトン応用計測研究所)のままです。


2017~20年のTOPICS

  • 2020年7月1日  (本社機能が和光市に移転しました)
    和光事務所が下記のとおり開設され、本社機能を移転しました。
    (本店登記場所は従前どおり東京都中央区日本橋本石町で、東京事務所として継続します)
    受発注・契約等の対外業務・社内管理業務およびSIP第2期の研究開発(社会実装)は和光事務所で行われます。

    事務所名  和光事務所
    住所    〒351-0104 埼玉県和光市南2-3-13 和光理研インキュベーションプラザ106
          電話 048-483-4931  FAX 048-483-4932
     
          


  • 2020年6月30日  (レーザー打音検査装置が国土交通省の技術カタログに登録されました)
    当社の開発してきた「レーザー打音検査装置」が国土交通省の点検支援技術カタログ(案)令和2年6月更新版の非破壊計測技術(トンネル)の分野で掲載され、国土交通省ホームページに下記のように公表されました。
    性能検証、活用試行等のためのお問い合わせは
        レーザー打音事業部(laser-info@photon-labo.jp)までお願いいたします。

    技術番号  TN020003-V0020
    技術名   レーザー打音検査装置
    開発者   株式会社フォトンラボ(QST認定・理研ベンチャー)
    技術概要 
    トンネル覆工コンクリート等で実施される「近接目視」におけるハンマー打音検査を、車両に搭載した2種類のレーザーを用いて遠隔化・デジタル化することで検査時間の短縮や判定の標準化および電子的な記録・保存を可能とする技術。

    国土交通省のホームページ
      点検支援技術カタログ(案)令和2年6月 
        非破壊検査技術(トンネル)


  • 2020年6月5日  (SIP第2期/理研コンソーシアムの正式参画機関となりました)
    3年度目に入った内閣府主管の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術/認知的インタラクション支援技術/インフラ領域における職人の技の伝承教育と機器実装の研究開発」を受託した理研コンソーシアム(研究開発責任者/理化学研究所:和田智之、参画機関:理化学研究所・量子科学技術研究開発機構・計測検査・社会基盤情報流通推進協議会)に社会実装担当機関として2020年6月より新規参画し、管理法人である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)殿と契約いたしました。

    国家プロジェクトの研究成果を社会実装するという設立目的が公に認められたということになります。皆様のご期待に添うべく全力で努力してまいります。

    内閣府の研究開発計画書 P.21~22に記載されいる理研コンソーシアムに新規参画
    https://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/sip/keikaku2/1_aicyber.pdf


      
  • 2019年10月1日  (量研連絡事務所が開設されました)
    QST認定ベンチャーとして、量研関西光科学研究所内に「フォトンラボ量研連絡事務所」
    が開設されました。

     住所 〒619-0215
        京都府木津川市梅美台八丁目1番地7
        国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所内

     
     
      
  • 2019年9月23日  (第2期定時株主総会が開催されました)
    次の決議がなされました。
     ①第2期決算 ②第3期事業方針が承認されました。
     ③現役員が全員、留任しました。
     ④錦野将元氏が取締役に就任しました。

    直後の役員会で次の2名が新たな役職に就任いたしました。

      坂本 敏弘  常務取締役(COO)兼 計測事業部長
              ⇒ 新)専務取締役(COO)兼 計測事業部長

      錦野 将元  常務執行役員(CTO)兼 レーザー打音事業部長
              ⇒ 新)常務取締役(CTO)兼 レーザー打音事業部長

  • 2019年9月12日  (日刊工業新聞に掲載されました)
    日刊工業新聞 2019年9月12日発行 第16面「建設・生活・環境・エネルギー」のページに当社の新製品である「レーザー打音システム」に関する取材記事が掲載されました。

     【重要な情報】
     製品名   レーザー打音システム
     発売時期  2020年7月(弊社年度末)までに発売
     製品価格  2億円前後

    会社設立過程、企業連携、銀行の出資などの情報とともに「100億円企業を目指すこと」が記述されています。
     ⇒ニュースイッチの記事(日刊工業新聞の引用)

  • 2019年8月6日  (量研殿への文部科学大臣視察においてフォトンラボも紹介される)
    量研関西光科学研究所へ文部科学大臣が視察され、レーザー打音計測技術(レーザーによるコンクリート欠陥検査装置)の研究成果が紹介されました。
    その中で、QST認定ベンチャーであるフォトンラボが事業化先として紹介されました。
     ⇒量研殿ニュースページ  


       写真提供:量研殿
  • 2019年7月5日  (会社ポスター更新)
    QST認定ベンチャーに認定され、独自製品であるレーザー打音検査装置の本格事業化を迎え、会社ポスターを更新しました。
    インフラ計測の最先端メーカーを目指すとの方向性を表しています。


2019年6月27日  (QST認定ベンチャーに認定される)

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(量研/QST)殿より レーザー打音システムの製品化・社会実装を目的として「QST認定ベンチャー」 の認定を受けました。
研究・製品化の連携拠点は、関西光科学研究所(京都府木津川市梅美台)です。
           量研殿ホームページ:ニュース「QST認定ベンチャー」



2019年5月29日  (科学技術白書にレーザー打音検査装置が掲載される)
令和元年版科学技術白書(文部科学省発行)の2018年度における基礎研究から実用化につながる事例「身近な科学技術の成果」の12例の第10番目としてレーザー打音検査装置が掲載されました。写真の機材搭載車両は弊社の専用車です。
現在、このレーザー打音検査装置の製品化を弊社が進めております。
  
   科学技術白書表紙            p.211 身近な科学技術の成果
            私たちの生活を守るインフラ検査のハイパワーレーザーによる自動化


2019年3月20日  (埼玉りそな銀行より出資)   同年4月11日 (日経新聞掲載)
埼玉りそな銀行殿より1000万円の出資を受け、資本金は1630万円になりました。
この出資の記事が、日経新聞に掲載されました。




2019年2月20日 (SIPの技術紹介冊子にレーザー打音検査装置の社会実装担当と記載)
内閣府発行の「インフラ技術総覧」の「レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術」の社会実装担当会社として弊社が記載されました。(p.15、p.57)
 




2018年10月30日 (日刊工業新聞に掲載されました)
日刊工業新聞の23面「非破壊検査・計測・診断技術」の特集の中の記事「レーザー打音高速計測システム技術の原理と応用例」として掲載されました。




2018年5月15日 (建設技術研究所からプレスリリースされました)
株式会社建設技術研究所は株式会社フォトン応用計測研究所(現在はフォトンラボに社名変更)と業務提携を締結。両社は国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の研究成果を社会実装するために協力しあう。



2017年9月16日 (理化学研究所から理研ベンチャー認定がプレスリリースされました)
国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の研究成果の社会実装を目指す株式会社フォトン応用計測研究所(現在はフォトンラボに社名変更)を理研ベンチャーに認定。
      

バナースペース

株式会社 フォトンラボ

Photon-Labo


 
【本店登記場所】
 〒103-0021
 東京都中央区本石町2-1-1
   アスパ日本橋オフィス
TEL 03-6214-2529
FAX 03-6214-2383
info@photon-labo.jp


【和光事務所】
本社業務
〒351-0104
 埼玉県和光市南2-3-13
   和光理研           
インキュベーションプラザ106
TEL 048-483-4931
FAX 048-483-4932


 copyright@2017 
 Photon-Labo
 all rights reserved