本文へスキップ

TEL. 03-6214-2529

株式会社フォトンラボ (旧 フォトン応用計測研所)

レーザー打音事業部

近接目視における打音検査のロボット化を担うレーザー打音システムの製品開発・製造・販売を行います。
責任者: 常務取締役(CTO) 兼 レーザー打音事業部長  錦野 将元
     開発部門: システム開発部 レーザー開発部 システム運用部
連携:  国立研究開発法人量子科学研究開発機構(量研/QST)




レーザー打音技術

内閣府の戦略的創造プログラム(SIP)において量子科学技術研究開発機構(量研)が受託した「レーザーによるトンネルの覆工面の遠隔・非接触・非破壊計測」のテーマにおいて開発を実施したハイパワーレーザー技術を用いた先進的計測・検査手法の実用化に向けたシステム開発・運用技術の確立を進めています。
トンネル覆工コンクリート等で実施される「近接目視」におけるハンマー打音検査をレーザーを用いた遠隔・非接触計測手法により効率化・デジタル化を進めることで、検査時間の短縮や判定の標準化および電子的な記録・保存を目的にしています。近い将来発生すると予想される専門検査員不足・高齢化への対応策として注目されています。


  


レーザー打音の実用化技術

SIPでは、複数の自治体の協力を得て道路トンネル内での高速レーザー打音計測の実証実験を実施し、レーザー打音技術の実用化に向けたシステム化や運用手法の開発を行ってきました。
弊社では量研と共同して、より実用化に向けた小型化および判定へのAI導入の研究開発を進めています。



  

                奈良市における実証実験の様子


バナースペース

株式会社 フォトンラボ

Photon-Labo


 

 〒103-0021
 東京都中央区本石町2-1-1
   アスパ日本橋オフィス
TEL 03-6214-2529
FAX 03-6214-2383
info@photon-labo.jp



 copyright@2017 
 Photon-Labo
 all rights reserved